新しい選択肢としてのiStent®

新しい選択肢としてのiStent®

緑内障管理に関するこれまでの考え方では、疾患が進行したときのために手術を差し控えてきました。今では、進化した極低侵襲緑内障手術(MIGS)の進歩により、iStent®による手術が緑内障治療の有用なオプションとなりました。その理由を紹介します。

iStent®の臨床的エビデンス

眼圧の下降を必要とする緑内障患者に白内障手術と同時にiStent®をインプラントした有用性が臨床試験によって示されています。1、2

1. Samuelson TW, Katz LJ, Wells JM, et al. Randomized evaluation of the trabecular micro-bypass stent with phacoemulsification in patients with glaucoma or cataract. Ophthalmology. 2011;118:459-467.
2. Neuhann TH. Trabecular micro-bypass stent implantation during small-incision cataract surgery for open-angle glaucoma or ocular hypertension: Long-term results. J Cataract Refract Surg. 2015;41:2664-2671.

情報提供について

iStent®が適応となる患者にiStent®の使用を検討しており、詳しい情報が必要な場合には弊社にご一報いただければ情報提供させていただきます。

新たな治療オプション

先進テクノロジーとテクニックの迅速な導入により、眼科医の役割はますます広がり続けます。さらに、開放隅角緑内障のより早い時期に介入治療ができるように、従来の手術に代わる極低侵襲手技が求められています。iStent®は、その選択肢を提供し、開放隅角緑内障患者に、革新的な治療を提供できるようになります。

iStent®についてのお問い合わせ

iStent®に関するご質問に回答させていただきます。

お問い合わせ