極低侵襲緑内障手術

MIGSによる緑内障手術の再定義

極低侵襲緑内障手術(MIGS)の開発の進歩は、緑内障の治療に新しい選択肢をもたらしました。白内障手術を受ける開放隅角緑内障患者さんに使用されるMIGSは、以下の特色を有する手術手技として定義されます。

• 小切開創 による眼内アプローチ(Ab interno)
• 組織への最小限の侵襲
• 臨床的有効性
• 高い安全性
• 日常生活への影響が最小限で早期復帰が可能

MIGSは、眼圧(IOP)を下降させるために、眼の生理学的流出を改善する極低侵襲治療オプションとして認められています。1

Glaukosは、MIGSのパイオニアとして、MIGS製品であるiStent®トラベキュラー マイクロバイパス ステントシステムを初めて市場に導入し、これまでの緑内障の治療と管理において変革をもたらしました。

1. Saheb H. Ahmed II. Micro-invasive glaucoma surgery; current perspectives and future directions. Curr Opin Ophthalmol. 2012; 23(2):96-104

重要な安全性情報 »

iStent®についてのお問い合わせ

iStent®に関するご質問に回答させていただきます。

お問い合わせ