科学諮問委員会

緑内障管理分野のリーダーと連携
Glaukosは、緑内障分野と総合的眼科分野の世界的なリーダーから成る科学諮問委員会を擁しています。当社は、緑内障管理におけるアンメットニーズに対応するソリューションを開発するために優れた科学者と協力しています。Glaukosは、臨床成果と患者ケアの向上に貢献するために、進歩的な臨床医の方々と連携を絶え間なく続けています。

緑内障専門医

緑内障、複雑な白内障、並びに眼内レンズ合併症の外科的管理を専門に診療を行う、フェローシップ専門医研修を受けた緑内障、白内障及び前眼部の外科医です。カナダと米国において認定を受けた眼科専門医で現在トロント大学の助教授とユタ大学の臨床助教授を務めています。トロント大学の眼科部門のリサーチフェローシップのディレクターで、トロント大学の緑内障と進行性前眼部手術(GAASS)フェローシップのディレクターでもあります。 同医師は、研修医と医学部学生はもとより、カナダと全世界で現在活躍している緑内障専門医の研修を行いました。トロント市近郊に所在するCredit Valley EyeCareとOsler EyeCareで、重度な緑内障と白内障を対象とする大規模な診療を行い、主として Credit Valley病院(オンタリオ州、ミシサガ)及びトロント大学のKensington Eye Institute(オンタリオ州、トロント)で手術に携わっています。

Canadian Ophthalmological Society(COS)、American Academy of Ophthalmology(AAO)、American Society of Cataract and Refractive Surgery(ASCRS)、 Association for Research in Vision and Ophthalmology(ARVO)、International Society of Glaucoma Surgery(ISGS)、Canadian Glaucoma Society(CGS)並びに American Glaucoma Society(AGS)の正会員です。

数多くの査読論文と書籍(共著)を出版し、学会発表は500回を超え、これには客員教授として世界中で行った19回の講義が含まれています。ASCRSでFilm Festival Awardに5回入賞しており、Best Paper of Session Awardを3回、Poster Awardを1回、European Society of Cataract and Refractive Surgeons(ESCRS)のVideo Awardで1位、そしてAAO Best of Show Awardを1回獲得しました。

カリフォルニア大学デービス校の緑内障部門の元ディレクターです。カリフォルニア州サクラメントでの多忙な診療に加え、前眼部疾患と緑内障治療に対する米国内の臨床試験と国際臨床試験を通じて臨床研究に精力的に係わっています。American Society of Cataract and Refractive Surgery(2014~2015)とAmerican Glaucoma Society(2000~2002)のプレジデントも務めました。 Glaucoma Todayの名誉監修者で、Journal of Cataract and Refractive Surgery、Journal of Glaucoma、Advanced Ocular Care and Ocular Surgery Newsの編集委員会の一員です。サクラメント市に所在するCapital City Surgery Center(2003)の共同創立者でもあります。

カリフォルニア大学バークレー校で学部を修了し、シカゴ市に所在のノースウェスタン大学医学部で1978年に医学博士号を取得しました。同医師の眼科研修経歴には、カリフォルニア大学デービス校眼科部門での研修医、並びにアイオアシティ市のアイオア大学眼科部門での緑内障のフェローシップ(1982~1983)が含まれます。American Board of Ophthalmologyとthe National Board of Medical Examinersの免状を所有しています。

緑内障、眼科手術、並びに眼科薬理学を中心に90編以上の論文と書籍(共著)を出版しています。Curbsides in Glaucomaの書籍の共著者です。緑内障と白内障手術に関して広範に教鞭を執り、講義を行っています。American Academy of Ophthalmology Honor AwardとSenior Honor Awardを受賞し、さらには教育に対する貢献とリーダーシップ、並びにAAOのSubspecialty Dayミーティングの発足への貢献によってSecretariat and Life Achievement Awardを授与されました、

サンフランシスコ生まれで、妻とサクラメントに居住し、夫妻には2人の成人した子供がいます。

緑内障と前眼部手術の専門医です。ミネソタ大学でM.D.を修得し、南フロリダ大学で研修医としてのトレーニングを受けた後、トーマス・ジェファーソン大学のWills Eye Instituteで専門分野のトレーニングを受けました。

Minnesota Eye Consultantsの共同設立者かつ元マネージング・パートナーで、ミネソタ大学の眼科の非常勤助教授です。Wills Eye Hospitalの緑内障フェロー協会であるInternational Society of Spaeth Fellowsの元プレジデント、並びにPhillips Eye Institute Medical Staffの元会長でもあります。

同医師は、 American Board of Ophthalmology認定医です。American Glaucoma Society(AGS)の会員で、執行委員会の会計担当を務めています。American Academy of Ophthalmology(AAO)、Association for Research in Vision and Ophthalmology(ARVO)、American Eye Study Club(AESC)、International Intraocular Implant Club(IIIC)の他、いくつもの権威ある学会の会員です。American Society for Cataract and Refractive Surgery (ASCRS)のGlaucoma Clinical Advisory Committeeの会長です。また、AAOのBasic Science Board Review CommitteeとAAOのSkills Transfer Course Committeeにも携わっています。いくつかの眼科学術誌の科学査読者も務めています。Phillips Eye InstituteのKirby Puckett Education Centerのメディカル・ディレクターです。2002年にAAO Achievement Award、並びに2008年にAAO Senior Achievement Awardを授与されました。

緑内障の医学的及び外科的治療、特に落屑症候群、シュレム管の関連する緑内障手術、眼内レンズ、及び白内障と緑内障を同時にマネジメントする分野を研究対象としています。

スタンフォード大学メディカルセンターの眼科教授で、緑内障医療のディレクターです。ジョンズ・ホプキンズ大学でMDとMPHを取得し、ジョンズ・ホプキンズ病院のWilmer Eye InstituteでDana Foundationのフェローでした。 Casey Eye Instituteでの研修医トレーニング、そしてBascom Palmer Eye InstituteでHeed Foundationフェローシップを修了後、1992年にスタンフォード大学の教員となりました。300編を超える論文、書籍(共著)、150編を超える査読論文を含むモノグラフとアブストラクトを出版し、6大陸で350回を超える招待講演を行い、2冊の教科書を監修し、10社の眼科出版誌の編集委員会に携わっています。現在の研究対象は、緑内障と白内障手術に関する治験、疫学、遺伝学、並びに米国及び海外の医療が十分に行き届いていない地域へのヘルスケアの提供などです。アメリカ国立衛生研究所資金によるNEI Glaucoma Human Genetics Collaborationの治験責任医師です。緑内障と白内障の医療管理、レーザー及び手術管理を専門に診療を行っています。

American Glaucoma Societyのプレジデントと、World Glaucoma Associationの最高執行責任者であるエグゼクティブ・バイスプレジデントを歴任し、引き続き両団体の理事会の理事を務めています。International Society of Glaucoma Surgeryの上級諮問委員会にも属しています。眼科機器に関するFDA諮問委員会のメンバーであり、National Space Biomedical Research Instituteのコンサルタントとして、宇宙旅行に関連する眼障害の解決についてNASAを支援しています。2015年にAmerican Academy of OphthalmologyからLife Achievement Honor Awardを授与されました。

2002年から2005年まで、医学部のAcademic Advising Deanを務め、2006年から2012年のまでは、教員評議会の3年任期の一般評議員に2回選出されました。2006年の医学部のFranklin G. Ebaugh Jr. Awardを受賞し、2012年には、大学全体で2名選出されるAsian American Faculty Awardの受賞者の1人でした。

隔年授与される学会最高の名誉である、World Glaucoma Association Founder’s Awardを受賞した7名のうちの1人で、米国人では2人目の受賞でした。2014年には、同医師は、ジョンズ・ホプキンズ大学のBloomberg School of Public Healthで、著名な卒業生として、Delta Omega Public Health Honor Societyに殿堂入りしました。英国で出版されるThe Ophthalmologistの2014年4月号で発表された世界的調査で、同医師は全世界の眼科分野での最高有識者100名の1人と格付けされています。

総合眼科医

サウスダコタ州スーフォールズ市に所在するVance Thompson Visionのパートナーで、高度屈折矯正手術、白内障手術、角膜手術並びに緑内障手術を専門としています。Vision for Marsプログラムに従事し、緑内障及び眼圧と脳圧のバランスの崩れに起因するその他の病気の治療に役立つ医療機器の会社を設立しました。研究対象は、緑内障における脳脊髄液圧、低侵襲性緑内障手術、白内障レーザー屈折矯正手術(ReLACS)、眼内レンズデザインとドラッグデリバリーなどで、多数の書籍(共著)と査読論文を出版しています。同医師のコミットメントは、EyeCare Americaで発揮しているリーダーシップ、並びに世界中で続けている多数の外科ミッションへの参加で実証されています。

メイヨーメディカルスクール卒業後、アリゾナ州のメイヨー・クリニックで病院実習を、デューク大学で研修医を修了しました。その後、Minnesota Eye Consultantsで、前眼部フェローシップを修了しました。ハーバード大学からのClaes Dohlman Award及びResident Writers Awardを含む、数々の賞を受賞しています。2013年には、サウスダコタ州の若手医師のトップに選出され、最近では、同州とノースダコタ州の40歳未満のビジネスリーダーのトップ40に、さらに全世界の40歳未満の眼科医のトップ40にも指名されました

The Eye Institute of Utahのメディカル・ディレクターで、近代白内障手術分野の世界的権威かつパイオニアです。眼科分野における様々なテクニックとテクノロジーを開拓することにより、高度な白内障手術の先頭に立っています。American Academy of Ophthalmology、American Society of Cataract and Refractive Surgery、European Society of Cataract and Refractive Surgeryなどが国内及び海外で催す会議で講演者としてしばしば招かれています。2015年から2016年まで、American Society of Cataract and Refractive Surgeryのプレジデントを務めました。世界中で読まれ、閲覧されている数々の論文や教科書の著者でもあります。世界各国を訪問し、老視と乱視を低減するためにデザインされたものを含む高度テクノロジーIOLを、眼科外科医に手ほどきしています。

ニューヨーク大学の眼科の臨床教授で、Board of Overseers of Dartmouth Medical Schoolの理事会のメンバーです。米国中で最大の診療所の1つであるOphthalmic Consultants of Long Islandの設立パートナーです。

学部の学位と医学博士号をDartmouth大学医学部で取得し、学年の卒業生総代でした。チーフ・レジデントとしてManhattan Eye, Ear & Throat Hospitalで眼科の研修医を修了し、フィラデルフィアのWills Eye HospitalでCornea and Refractiveのフェローでした。

同医師教鞭に加えて、60件のFDA後援による治験の治験責任医師や、多数の企業グループの研究者も務めています。エキシマ・レーザーとフェムトセカンドレーザーによる白内障手術双方の治験責任医師でした。同医師は、多数の招待講義に加えて、200編の査読論文と30冊を超える書籍(共著)並びに3冊の書籍を出版しています。ASCRSで14回、Best Paper of Sessionを受賞しました。2009年から2015年までCataract and Refractive Surgery Todayの編集長を務め、現在は、American Society of Cataract and Refractive Surgeryが出版するEyeWorldの編集長です。また、眼科分野の多数の学術誌の編集委員会のメンバーでもあります。

American Society of Cataract and Refractive Surgeonsの元プレジデントです。Nassau Surgical SocietyのOcular Microbiology and Immunology Groupの元プレジデントで、Lions Eye Bank for Long Islandの外科医ディレクターでもあります。Donnenfeld医師は、American Academy of Ophthalmologyから、Honor Award、Senior Honor Award、Life Time Achievement Award並びにSecretariat Awardの4つの主要な賞を獲得しています。

Cincinnati Eye Instituteの角膜医療のディレクターで、シンシナティ大学の眼科教授です。ロヨラ大学シカゴ校ストリッチ医学部で学び、ミネソタ大学で眼科の研修を受けました。アイオワ大学で角膜及び外部疾患のフェローシップを修了してから、メリーランド州のベテスダ国立衛生研究所のNational Eye Instituteで眼科免疫学分野で2番目のフェローシップを修了しました。角膜・屈折矯正手術診療のディレクターを務めるために、ミネソタ大学に戻ったのち教授に昇進し、眼科のElias Potter Lyon Chairの称号を受けました。また、Minnesota Academy of Ophthalmologyのプレジデントも務めました。

2011年から2012年まで、American Society of Cataract and Refractive Surgeryのプレジデントを務めました。また、執行委員会のメンバーも歴任し、現在はプログラム委員長を務めています。American Academy of Ophthalmologyの評議員会の評議員でもあり、American Academy of Ophthalmologyの年次会議の事務局長でもあります。2012年のAmerican Academy of Ophthalmology年次総会で、Life Achievement Honor Awardを授与されました。Eye Bank Associationの議長も務め、Eye Bank Association of Americaの医学諮問委員会の前議長でもあります。Cornea Societyの元プレジデントであり、評議員会役員も歴任しています。

2013年に、Cornea SocietyからCastroviejo Awardを授与されました。また、American Academy of OphthalmologyからSenior Achievement AwardとHonor Awardも授与されています。2008年にAmerican Society of Cataract and Refractive SurgeryからBinkhorst Medalを授与されています。Eye Bank Association of Americaによる2002年 Paton Society Awardの受賞者でもあります。また、「Best Doctors in America」にも同医師の名前が記載されています。角膜及び外眼部疾患分野における学識と専門的知見について国内及び海外で高く評価されています。米国内と海外の双方で、講義にしばしば招待されています。査読学術誌に200編を超える論文を執筆し、角膜疾患と手術に関して最も広く読まれている教科書であるCorneaの監修者でもあります。

Cincinnati Eye Instituteの角膜診療のディレクターとして、角膜の医療と手術上の問題、並びに幹細胞移植について、世界中から紹介を受けています。臨床専門分野は、角膜移植、白内障手術、角結膜移植、並びに屈折矯正手術などです。

Minnesota Eye Consultantsの設立者かつ主治医で、ミネソタ大学の眼科部門の非常勤名誉教授です。認定眼科専門医で、角膜手術、白内障手術、屈折矯正手術並びにレーザー手術のリーダーとして国際的に知られています。

ミネソタ大学教養学部を優秀な成績で卒業し、1972年にMDを取得しました。同医師は、ミネソタ大学とその付属病院で角膜分野の研究、研修医とフェローシップのトレーニングを行いました。前眼部手術フェローシップのトレーニングは、Mary Shiels病院でも継続されました。ソルトレークシティーの大学病院で緑内障のHeedフェローでした。その後、ミネソタ大学に戻り、眼科教員を10年間務め、教授に昇進し、Harold G. Scheie Research Chairを授与されました。1989年に開業して、Minnesota Eye Consultantsを発展させ、マネージング・パートナーを15年間務めました。

Vision Foundationの会長で、ミネソタ大学のMinnesota Lions Eye Bankのアソシエート・ディレクター、並びにPrecision Lens and of Refractec, Inc.のメディカル・ディレクターです。また、全世界の82,000人の眼科医に購読されているOcular Surgery Newsの米国版と国際版の主任医学監修者でもあります。同医師は、American Academy of OphthalmologyのInternational Society of Refractive Surgeryの理事会の理事です。Lindstrom医師は、American Society of Cataract and Refractive Surgeryとその財団の執行委員会の委員も務めています。AcuFocus, Inc.、TLC Vision Corporation、TearLab、Avaiana、 Alphaeon、Imprimis、Ocular Therapeutix、Encore、Iantech、Equinox、Forsight 6、Precision Lens、Visionary Nentures、Refractecの取締役会の一員で、ミネソタ大学財団の理事会の理事でもあります。眼科学で40件を超える特許を所有しており、世界中で臨床診療に使用されているいくつかの医療用溶液剤、眼内レンズと器具を開発しました。

角膜手術、白内障手術、並びに屈折矯正手術について、数多くの国際的な講演に招かれています。米国と海外の専門学会に指名され40回の講演と基調演説を行いました。これには、米国でのBinkhorst、Kelman並びに Castroviejo講演、イスラエルのエルサレムでのBlumenthal Memorial講演、イタリアのローマでのBenedetto Strampelli Medal講演、そしてドイツのニュルンベルクでのAlbrecht von Graefe-Vorlesung Innovator講演が含まれます。Journal of Cataract and Refractive Surgery及び Journal of Refractive Surgeryなど、いくつもの学術誌の編集委員を務めています。同氏は、U.S.Chinese Journal of Ophthalmologyの名誉編集長です。7冊の書籍を共監修し、350編を超える査読論文と60冊の書籍(共著)を出版しました。

同医師の活動は広範にわたり、その傑出した業績に対して内外の眼科学会から数々の賞を受賞しており、これにはLans Award、Barraquer Award、International Society of Refractive Surgeryからの2回の Lifetime Achievement Awards(1995年10月に同賞の最初の受賞者)、ASCRSからのBinkhorst Lecture Award、並びに Bausch & Lomb Lifetime Achievement Awardが含まれます。

Carolina Eyecare Physiciansの白内障、LASIK並びに高度視力矯正専門医で、Carolina Eyecare Research Instituteのディレクター、サウスカロライナ医科大学(MUSC)眼科ディレクター、並びにAmerican Society of Cataract and Refractive Surgeons(ASCRS)の2016年度のプレジデントです。サウスカロライナ医科大学の眼科教授として、17年間診療に従事しました。MUSCでStorm Eye Instituteでの白内障、屈折矯正及び角膜診療のディレクター、Magill Vision Centerのメディカル・ディレクター、並びにMagill Research Centerのディレクターを含む重要な役職を務めました。さらに、Arturo and Holly Melosi Chairの最初の受賞者で、2009年にCarolina Eyecare Physiciansのパートナーに就任するためにMUSCを退職するまで、2007年からこの栄誉ある地位に就いていました。

メリーランドのジョンズ・ホプキンズ病院で、白内障と屈折矯正手術と角膜移植でフェローシップを修了しました。フェローシップの前に、ケンタッキー州レキシントン市のケンタッキー大学メディカルセンターで眼科の研修医を修了し、コネティカット州ニューヘブンのエール大学医学部で病院実習を修了しました。さらに、ユタ州ソルトレークシティー市のユタ大学のヘルスサイエンスセンターで眼科病理学のフェローシップも修了しました。バーモント州のバーリントンのバーモント大学で医学博士と学位を取得しました。

現地での臨床診療と管理業務に加えて、いくつもの眼科団体で活躍しています。American Board of Ophthalmology認定専門医で、National Board of Physicians and Surgeonsの会員です。多数の専門並びに科学学会の会員でもあり、これらの学会の多数において国内及び海外で積極的に活動しています。American Academy of Ophthalmologyのフェローで、いくつもの委員会の委員を務めています。5月にAmerican Society of Cataract and Refractive Surgery (ASCRS)の2016年度プレジデントとして殿堂入りすることになっています。ASCRSは、眼科手術の推進を支援かつ奨励し、質の高い眼のケアの提供を主要目的とする、9千人を超える会員を擁する国際的な学会です。さらに、American and European Society for Ophthalmic Surgery(ACEOS)の理事会に属し、Society for Excellence in Eyecare(SEE)で活躍するメンバーです。また、South Carolina Medical Association、Charleston Ophthalmological Society、South Carolina Society of Ophthalmology及びCharleston County Medical Societyにも関与しています。

24年間にわたる診療を通じて、Solomon医師は米国最高の眼科外科医の一人として確固たる地位を築き上げました。レーザーによる白内障手術、多焦点及び乱視矯正レンズのインプラントを実施し、断層撮影ガイド下LASIKを始めて実施した医師でもあります。数十にわたる賞を受賞し、これにはCataract and Refractive Surgery Todayが該当分野で最大の影響をもたらした外科医に授与するLee Nordan Refractive Surgeon of the Year Awardが含まれています。US News and World Reportにより、米国眼科外科医のトップ1%に格付けされています。また、2003年以来、白内障と屈折矯正手術では、「米国の最も優れた医師」の1人とも格付けされています。Top Fifty Opinion Leaders in Ophthalmologyに、同賞の2005年の発足以来毎年、同僚により選ばれています。国内外の会議と病院の双方で定期的に講演を行い、現在までに、世界中で600回を超える講演と手術のプレゼンテーションを行っています。

世界中で講演を行うことに加え、同医師の書籍(共著)、書評、モノグラフと学術誌論文を含む170編が出版掲載され、30を超える外科手技ビデオも作成されています。世界中で教材として使用されている多数のビデオについても賞を受賞しています。最後に、同医師の業績は、New York Times、Wall Street Journal、USA Today, Money、The Los Angeles Times、Chicago Tribune、Washington Post、The Saturday Evening Post、Redbook、Reader’s Digestなど、多数の発行部数の多い雑誌と新聞により認められています。同医師はまた、The Today ShowとABC World News Tonightで取り上げられ、米国と海外の140ヵ国を超える国々で放映されたPBSの「Healthy Body, Healthy Mind」シリーズのスペシャル番組「Cataract Surgery」でも紹介されました。