緑内障とは

緑内障とは?

緑内障は、40歳以上の日本人のほぼ5%(20人に1人)が罹患する慢性疾患です。1 その多くは自覚症状がなく、進行性で不可逆的に視野が失われることによって特徴づけられ、通常、眼圧の上昇と関連します。 緑内障は、治療を受けずに放置すると最終的には失明につながる可能性のある眼の進行性疾患です。緑内障は、通常は房水の生成と流出のバランスが崩れることによって眼圧が上昇することに関連しています。健康な眼では、眼の形状を維持するために、房水と呼ばれる液体が生成されます。通常、この房水は、線維柱帯と呼ばれる組織を通って流出して、血流中に吸収されます。房水が生成と同じ割合で排出されないと、眼圧が上昇し始めます。時間とともに、この眼圧の上昇は視神経を損傷し、視野障害が進行する可能性があります。

緑内障と眼圧

眼圧と緑内障の関係を理解することが重要です。眼圧と緑内障は関連付けられがちですが、緑内障は眼圧に関係なく発症することがあります。緑内障を発症するかどうかは、圧力によって視神経が損傷を受けるかどうかによります。その圧力の高さは人それぞれで異なり、場合によっては、全く緑内障の発症に至らない場合もあります。そのため、少なくとも1年に1回、眼科健診を受けることが重要です。この検査は、眼科医があなたの適切な眼圧の程度を診断することに役立ちます。

緑内障のタイプ

緑内障には主に次の2つのタイプがあります: 開放隅角緑内障及び閉塞隅角緑内障

開放隅角緑内障

緑内障の最もよくあるタイプである開放隅角緑内障は、全ての症例の約70%から90%を占めています。この病気は進行性で、本人が自覚できるような初期の兆候はありません。眼圧の上昇が、開放隅角緑内障の発症と進行の最も重要なリスク因子です。眼圧の上昇により、次第に以下の症状につながる可能性があります:

• 視神経の損傷
• 周辺視野の喪失
• 失明(治療を受けない場合

閉塞隅角緑内障

2番目によくあるタイプの緑内障である閉塞隅角緑内障は、房水の流出経路が虹彩により遮断されるようになったときに生じます。その結果、房水が排出されずに眼圧が上昇します。この状態は、突然生じる場合(急性閉塞隅角緑内障)と徐々に生じる場合(慢性閉塞隅角緑内障)があります。

眼科医は、隅角が正常で広いかどうか、又は異常で狭窄しているかどうかを測定するために眼の検査を行う場合があります。

1. Suzuki Y. et al. Tajimi Study. Nippon Ganka Gakkai Zasshi. 2008 Dec; 112(12):1039-58.

narrow