診断

診断

緑内障の検査を受けることで、あなたの眼の健康に関する重要な情報を得ることができます。この検査は、たいていの場合は普通の眼の検査の一部で、痛みはありません。検査中に、眼科医は一連のテストを実施します:

視野検査

視力喪失や視野に暗点があるかなど緑内障による損傷があるかどうかを判定します。

視神経スキャン

眼科医は、この検査によって、視神経が健康であるか損傷を受けているかを見ることができます。

眼圧測定

眼圧を測定します。

角膜厚の測定

角膜の厚さを測定します。

隅角鏡検査又は超音波生体顕微鏡検査

房水の流出路である隅角を検査します

眼の検査の準備

  • 何か症状 がある場合はそれぞれの症状について症状を自覚してからの時間も含め記録しておきましょう。
  • 眼の問題(視力の変化、過去に診断されたことのある眼の状態、及び眼の不快感)がある場合、その既往歴を記録しておきましょう。また、近親者に眼疾患がある場合にも記録しておきましょう。
  • 医療上の情報(糖尿病や血管系疾患、その他の病状がある場合、現在服用している医薬品とサプリメント)を書き留めておきましょう。眼の外傷の既往があるかどうかも書き留めておきましょう
  • 眼科医に質問がある場合は、覚えておくために書き留めておきましょう。こうしておくと、診察に大いに役立ちます。