MRIに関する情報 - 日本


iStent®️トラベキュラー マイクロバイパス ステント システム

非臨床試験にて、iStent®️トラベキュラー マイクロバイパス ステント システムは条件付きMRI対応であることが示された。
本品が挿入されている患者は以下の条件を満たすMRIシステムで安全に走査することができる。

  • 静磁場強度:3テスラ以下
  • 最大空間傾斜磁場:4,000 ガウス/cm(40テスラ/m)
  • 第一次水準管理操作モードの場合、最大全身平均比吸収率(SAR):4W/kg
  • 上記の走査条件の下では、15分の連続走査後、本品が臨床的に有意な温度上昇を生じないと考えられる。
  • 非臨床試験では、勾配エコーパルスシーケンスおよび3テスラMRIシステムでイメージングすると、本品に生じた画像アーチファクトは15mm未満である。

iStent inject®️トラベキュラー マイクロバイパス システム

非臨床試験にて、iStent inject®️トラベキュラー マイクロバイパス システムは条件付きMRI対応であることが示された。
本品が挿入されている患者は以下の条件を満たすMRIシステムで安全に走査することができる。

  • 静磁場強度:3テスラ以下、7テスラのみ
  • 最大空間傾斜磁場:【3テスラ以下:4,000 ガウス/cm(40テスラ/m)】、【7テスラのみ:10,000ガウス/cm(100テスラ/m)】
  • 第一次水準管理操作モードの場合、最大全身平均比吸収率(SAR):4W/kg
  • 上記の走査条件の下では、15分の連続走査後、本品が臨床的に有意な温度上昇を生じないと考えられる。
  • 非臨床試験では、勾配エコーパルスシーケンスおよび3テスラMRIシステムでイメージングすると、本品に生じた画像アーチファクトは15mm未満である。7 テスラMRI システムでは、約23mm である。

Please Select Your Country

続ける